SPAJAM2019東北予選

2019/6/22-23

宮城県仙台市にてSPAJAM2019東北予選にて
市川博之が審査員として、市川希美はスタッフ兼グラフィックレコーダーという形で参加してきました。
市川電産は先週大垣市で行われた東海予選と今回の東北予選のみ参加ですが
全国6都市で開催されている予選はこの大会で最後となります。
全国大会で選ばれたチームには7/13-14にCOLONY箱根で行われる、本選に出場することになります。

東北予選のテーマは「食事」
このテーマに沿って24時間でアプリを開発していきます。

優勝チームは作りすぎたご飯などを共有冷蔵庫でシェアできる仕組みを作った
Fishersのみなさんでした。
IoTで冷蔵庫ロックの仕組みを作ったり、会社内で活用するなど利用側の目線に立ったUXがとてもよかったと思います。

 

市川電産もエキシビジョンとして作品を発表しました。
お菓子をARで表示させて90秒以内にどれだけお菓子をゲットできるか
というゲームです。

お菓子に画面を近づけていくとゲットできます!

次は本選にも参加しますよ!
優秀賞のチームは敗者復活もあるのでお会いできるのが楽しみです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です